根管治療・精密審美歯科【ヒロ横浜デンタル】横浜地域で評判

メニュー

ドクター紹介大切な歯を守るためにベストを尽くす

著書・学会発表について

院長 高橋 浩 Hiroshi Takahashi

 

1. 著書,学術論文等の名称

Dental Treatment for the Mentally Handicapped Patients at Saitama Prefectural Rehabilitation Center

発行所,発表雑誌

16th Asian Conference on Mental Retardation 806-815

概要

埼玉県総合リハビリテーションセンター歯科診療部の43パーセントが、精神遅滞患者であり、全身管理が必要な患者も少なくない。患者に応じて歯科治療トレーニング、吸入鎮静法、静脈内鎮静法、全身麻酔を用いて段階的に歯科治療を行っている。

発表発行

2008年8月21日

 

2. 著書,学術論文等の名称

フュノチアジン系向精神薬患者の周術期管理

発行所,発表雑誌

第18回日本障害者歯科学会学術大会

概要

フェノチアジン系向精神薬服用患者は全身麻酔時に重篤な血圧低下および突然死の危険性があるために術前に投与を中止、もしくは他材への変更する場合がある。周術期患者の向精神薬の血中濃度と状態経過との関連を検討した。

発表発行

2001年12月7日

 

3. 著書,学術論文等の名称

SHERIDAN<TM> SPIRAL-FLEX 気管内チューブを応用した経鼻エアウェイ

発行所,発表雑誌

日本歯科麻酔学会雑誌1998,26(3),428-431

概要

経鼻気管内挿管チューブを利用した後鼻孔止血法を兼ねた経鼻エアウェイ方法を考察し臨床応用した。この経鼻エアウェイは止血法を兼ね、さらに咽頭部の吸引路としても機能した。

発表発行

1998年7月15日

 

4. 著書,学術論文等の名称

術中・術後に昇圧困難な低血圧を生じた症例

発行所,発表雑誌

第15回関東臨床歯科麻酔懇話会 

概要

72歳口腔底腫瘍患者の術中、術後に昇圧困難な低血圧症例を経験した。術前よりβブロッカーを長期内服によるカテコールアミン感受性の低下、加齢によるカテコールアミンのダウンレギュレーション、血管弾性の低下によって生じたものと考えられる。

発表発行

1998年6月20日

 

5. 著書,学術論文等の名称

高齢者歯科外来患者の循環系合併疾患に関する統計学的検討

発行所,発表雑誌

第15回関東臨床歯科麻酔懇話会 

概要

東京医科歯科大学歯学部高齢者歯科学講座外来患者の循環器系合併疾患を統計学的検討を行った。

発表発行

1995年6月24日

 

アクセス

横浜駅西口から徒歩8分

大通りに面しているのでアクセス抜群
バスでの来院も便利な立地です。

住所:神奈川県横浜市西区岡野1丁目13-15
ペレネ和平ビル2F
TEL:045-311-8241

Google Mapを見る

PAGETOP